つむじやおでこの薄毛を回避する予防方法

髪に悩んでいる男性

男性でも女性でもある程度の年齢に達すると、つむじ周辺の薄毛やおでこの後退が気になり始めると思います。
しかしその時に初めて対策を打っても、すでに時遅し、ということもあるので、悩む前に薄毛予防をすることをおすすめします。

例えば薄毛の原因の1つに毛穴に詰まった油汚れがあります。
毛穴に皮脂や整髪料などが詰まったままだと抜け毛の原因になり、そのまま放置すると薄毛にも繋がるので、頭皮の毛穴に詰まった油を落とす洗髪を実行します。
まずは髪の毛を洗う前に温かいお湯でしっかりと頭皮を温め、毛穴を開きます。
次にシャンプーを泡立ててから指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。
シャンプーは泡立てないと濃度が濃く、髪の毛で泡立てて洗うと、つむじやおでこに負担がかかり、抜け毛が促進してしまう可能性もあるので気を付けて下さい。
次にトリートメントは髪の毛先に付けるようにし、頭皮には直接触れない様にしましょう。
せっかく毛穴の汚れを落としたのに、トリートメントを詰まらせてしまっては薄毛予防どころか、抜け毛の要因にもなるので、気を付けて下さい。

他にも薄毛の原因に頭皮の乾燥が挙げられます。
肌が乾燥すると栄養が行き届かず、毛が抜けることもあります。
そこで乾燥対策に化粧水を使うと楽に解消することが出来ます。
おでこに化粧水は塗りやすくともつむじとなると難しく感じるかもしれませんが、霧吹きに化粧水を入れて、シュッと吹きかけると便利と思われます。
また先述したシャンプーですが、気持ちいいからと言って爪でごしごしと頭皮を洗うと皮膚が傷付き、更に乾燥することで毛が抜けやすくなるので気を付けましょう。

洗髪と乾燥対策に気を配ったからと言ってそれが完全な薄毛予防になるわけではありません。
食生活や生活の乱れ、ストレスなども薄毛に影響を与えます。
しかし身近に出来る改善策だからこそすぐに実行できる薄毛予防と言えるでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧