女性の薄毛予防

髪が薄い男性

女性が薄毛になるのは、シャンプーによる頭皮環境と、ホルモンバランスの乱れが原因です。
よってこの2つを見直すことで、女性の薄毛予防が可能になります。
まずシャンプーは、一般的なものは頭皮のダメージが大きい高級アルコール系シャンプーに分類される商品を避けます。
高級アルコール系シャンプーは洗浄力が非常に高いのが特徴で、頭皮に必要な皮脂まで洗い流して、かえって皮脂の過剰摂取を引き起こし、薄毛になりやすい頭皮環境を作る恐れがあります。
またラウレス硫酸Naやアルキル硫酸と表示されているものは、石油系シャンプーで界面活性剤に石油系の成分を使っているので、頭皮への刺激が強いです。
薄毛予防に適しているのは、アミノ酸系シャンプーです。
界面活性剤にアミノ酸系の成分を使うことで、頭皮への刺激を小さくしています。
次にホルモンバランスを整えることは薄毛予防につながります。
ホルモンバランスはストレスや不規則な生活によって乱れます。
そこで、ストレスを溜め込みやすい人は、睡眠時間をしっかりと確保します。
成長ホルモンが活発に分泌されて髪の毛が作られる時間帯は、22時~2時です。
この時間までに眠りにつくことで、日中受けたダメージを回復することができます。
ストレスによって血流が悪くなるので、ウォーキングなどの有酸素運動で血行を改善します。
また食べ物はファストフードや甘い物を多く食べないようにします。
これらは、皮脂の分泌を促進します。
栄養が不足すると頭皮に必要な栄養分が届かないので、無理なダイエットも控えます。
食事は野菜を中心として、1日3食欠かさず食べます。
大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのような働きをするので、ホルモンバランスが整います。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿